静岡市葵区南瀬名町の内科・循環器内科 佐々木ハートクリニック

ペースメーカーチェック
ペースメーカーチェック

当院では、ペースメーカーチェック(ペースメーカーの定期検査)を行なっています。

ペースメーカーとは

図:ペースメーカーの説明

ペースメーカーは、主に脈拍が遅くなる病気の治療に使用します。心筋に人工的に電気刺激を加えて正常な拍動リズムを維持する療法をペーシングといい、電気刺激を発生させる装置を「ペースメーカー 」といいます。ペースメーカーからつながったリードには先端に電極があり、電気刺激を心臓に伝えます。ペースメーカー本体とリードは、手術により体内に埋込まれます。

ペースメーカーチェックについて

当院では、ペースメーカーの埋込み手術をされた患者さまに対し、定期検査を行なっています。
検査は3〜6ヶ月に1度、専用の検査装置を使って行われ、5〜10分で終わります。検査中は一時的に動悸やふらつきがみられることもありますが、痛みはありません。

検査の必要性

ペースメーカーは本体に内蔵された電池で動いているため、電池の減り具合について定期的に確認する必要があります(電池の寿命は約5〜10年で、電池交換の際は手術が必要になります)。また、患者さまの状態によってはペースメーカーの設定を変える必要もあります。

ペースメーカーやペースメーカーチェックについてお困りのことがございましたら、当院までお気軽にご相談ください。

TOPに戻る